アルバイトで社会を学ぶ

アルバイトで社会を学ぶ

アルバイトは求人情報から入らなくてもいい。

PAGETITLE
アルバイトは求人情報から入らなくてもいい。よく人間社会は関係が希薄していると感じられましたが、どうでしょうか。仕事はある意味で、人間関係は重要ですから、人の繋がりでアルバイトを行う人もよく見かけます。人の繋がりは信頼関係で結びつこうとしますから、入り口はなんとかなるでしょう。しかし持続力は自分次第です。しかもアルバイトですから。現代は学生アルバイトを除いて、年齢的にもアルバイトをやっている人々は多くなり、昔と変わってしまいました。

実はいつまでもアルバイトで雇用を縛り付ける人は決していい人ではなく、どちらかというと悪い人になります。信頼関係でアルバイトに入ったとき、一生できるかどうかという信義と儀礼で悩みます。それでも変えるときは変えなければ生きていけません。できるならば、一定の実績を作ったら、雇用する側、つまり経営側は喜んで当たり前です。評価基準は、成果報酬主義とか労働採用制度とかいろいろあるようですが、判官びいきになりがちです。人の繋がりは利用できますが、決して互いのメリットにならなくてはいけません。しかし、苦しい現場も多いことだと推測できます。事業規模によりますが、メリットとメリットを合わせれば弱体化するわけで、デメリットがアルバイトならば、そのデメリットをメリットに活かさなければ経営者として失格と考えるべきです。

おすすめサイト